出張マッサージの一般的な流れは、電話やインターネットからの予約などによって依頼が行われます。また、依頼者は自宅や宿泊先などからそれぞれの店舗に派遣を要請し、予約時間や施術時間、その他コースを選びます。そして、希望するセラピストを指名することができる店舗などもありますが、だいたいの場合は指名料がかかってきます。また、各項において双方の間で了承が得られた場合のみ、成約となります。そして、セラピストは所定の場所まで赴き、料金を受領した後に施術を行います。さらに、店舗などによっては詳細は異なり、施術したい部位やコースなどを来訪後にカウンセリングをしてからコースを選ぶ場合などもあります。また、基本的にはセラピストが全ての物を用意しているため何も要りません。ですが、施術するためのスペースとしてベッドや布団などが最低限必要となっており、また、最低限の行動範囲が確保されている事が前提です。また、オイルマッサージを行うときも、シーツやタオルなどを貸し出してくれる場合がほとんどであり、自室やホテルのベッドなどが汚れることはありません。さらに店舗などによっては施術する前にシャワーを浴びていることが推奨されているところもあります。

さながら秋葉原!?

オタクの街から風俗街に変わりつつある「秋葉原」 昨年末に起きた“大異変”で騒然

まるで異世界転生!?
 近ごろ「秋葉原で風俗店が目立つ」という指摘が、SNSなどで拡散しているのをご存知だろうか。「まるで異世界転生、歌舞伎町のようだ」という投稿もあれば、「言うほど風俗店はない」という反論も散見され、ちょっとした論争の趣もある。
 Twitterで「秋葉原 風俗」と検索してみると、《夕方からは最早風俗街と大差ない》、《変な風俗店が乱立》、《路地裏のビラメイドの店はほぼ風俗》といったツイートが乱立される。
“ほぼ全ての店舗を網羅”と謳う専門サイトを見てみると、2月22日現在の登録数は、池袋なら709店、歌舞伎町は589店、渋谷は480店という具合だ。
 秋葉原は236店で、吉原の217店より多い。東京都の東側という観点に立つと、鶯谷(396店)に続いて2番目の店舗数となり、錦糸町(229店)と上野(226店)を僅かながら上回っていることが分かる。
 果たして真相はどうなのか。秋葉原に詳しいジャーナリストに拝聴すると、「少なくとも20年前はほとんどありませんでした」と指摘する。すぐ近くの上野・御徒町が風俗街の役割を果たしているからだ。

ホームに戻る