出張マッサージを利用して自宅でマッサージを受けてみると店舗型のマッサージ店でマッサージを受けるのと違う点がいろいろありました。まず自宅でのマッサージという事で慣れ親しんだ場所でもありすごく落ち着いてマッサージを受ける事が出来ました。120分コースを利用したという事もありましたが、体がすごく楽になったので店舗型のマッサージ店でマッサージを受ける時より疲労の取れ方が良かったような気がしました。またセラピストと2人だけの空間になったので店舗型のマッサージ店のように周囲を気にする必要もなかったのも良い点だと思いました。

次に出張マッサージのセラピストは店舗型のマッサージ店のセラピストより接客の質が高いと感じました。施術前に体の状態をしっかりチェックしてくれたり施術中も常に力加減について気を遣ってくれました。また施術中にいろいろな世間話をしてくれて場を和ませてくれたりしたのでその点も接客の質の高さを感じました。

出張マッサージは店舗型のマッサージ店に比べて割高になってしまうのが少し気になる点でもありました。しかしマッサージをしてもらえる環境や施術、接客の質など総合的に判断していくと割高になっても仕方がないのかなとも思いました。

秋葉原がアニメの街になった理由

かつて、秋葉原と聞くと電気街のイメージがありました。ですが、現在では秋葉原というとアニメやゲーム、そしてメイド喫茶といった、いわゆるオタクの街という印象があります。いつから、秋葉原はオタクの街になったのでしょう。
その始まりは、パソコンが流行しことが関係しています。高価だったパソコンが、次第にリーズナブルな金額になり、多くの人が楽しめるようになりました。そして、パソコンに必要な部品やアクセサリーを購入するために、様々な人が秋葉原を訪れるようになったのです。
そのなかに、アニメやゲームのファンが多く、次第にアニメグッズやフィギュアを販売する店が増えてきました。それが、秋葉原がオタクと呼ばれる街になった理由です。
また、アニメやゲームのなかには、可愛らしい少女が活躍する作品が多く、そこからメイド喫茶が流行りだしてきました。また、インターネットによって、その素晴らしさは世界中に知れわたりました。
秋葉原が、オタクの街として世界中から愛されるようになったのは、パソコンの発達が大きく関係しているのです。

ホームに戻る